FC2ブログ

絶対に、前向きな事しか書かないブログ

気持ちの悪いブログのタイトルにしてしまいました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

栃木県足利の悪口まつりでスベり、滝流しの式で厄払いしたかったのに良縁祈願をした2017年

37068.jpg

※ 昨日の川治温泉旅行の続きです。


今年も飽きずに行ってきました 「悪口 (あくたい) まつり」。

栃木県足利市にある、「大岩毘沙門天 最勝寺」 にて、毎年大晦日にやっているお祭りで、
悪口を叫ぶことで一年間積もったうっぷんを発散し、
すがすがしい気分で新年を迎えようという、江戸時代から伝わるものだそうです。


このお祭りのスケジュールは、

・23時~ 大声コンテスト
・23時半~ みんなで悪口を叫びながら山を登って本堂へ向かう
・24時~ カウントダウン & 滝流しの式

なのですが、大声コンテストが先着60名という狭き門で、
去年も行ったんですが、22時に着いたらもうアウトで参加できなかった思い出がありました。

なので今年は、21時には着いてやろう! という計画で向かいましたが、
車の中では、「何を叫ぶか?」 という、一番の問題について話し合います。

04_2018010503463971f.jpg

05_20180105034648e24.jpg


4年前に初参加した時の写真ですが、
こんな感じで、大勢の人の前で叫ばされるわけです。

基本的に参加者は、「バカヤロー」 と叫ぶ人が多いですが、別に何を叫んでもいいので、
我々には暗黙の了解で、「ウケを取りに行かないと負け」 という嫌な空気があるのです。

つまり、ほとんど大喜利になってしまうのですが、
一回しか答えられないうえに、答えを大声で叫ばないといけないという、究極の大喜利です。

岩見くんは、「北朝鮮、イカ獲りすぎ!」 か、「家賃あげてくれー!」 と叫ぶと言い、
川島さんは、ちょうど紅白で欅坂46が歌っていたのを聴いて、「僕は嫌だ!」 にすると言い、
僕は、「結果発表~!」 か、「黒柳さ~ん!」 にしようかなと思いました。
平井さんは、全然決まらないとのこと。

そんな相談をしつつ、21時に着くと見事にガラガラ。 これは確実に参加できます。

IMG_20171231_205136.jpg

30933.jpg


22時頃から人が集まり始め、22時半に受付開始。

見事に先着60名以内に入れ、
22番 川島、 23番 岩見、 24番 福田、 25番 平井 の順になりました。


23時になり、大声コンテストがスタート。

今年はなぜかニコ生配信をしており、
ニコ生の画面がコメントと共にスクリーンに出されています。 

次々と出場者が叫んでいきますが、大体が 「バカヤロー」 で、
たまに、「家の仕事が赤字だー!」 のようなものが出てきます。

徐々に、変わった事を言うとスベるんじゃないかと不安になってくる一同。

特に川島さんの 「僕は嫌だ!」 は、欅坂を知っている層がいないんじゃないか?
という話になり、僕の 「結果発表!」 も、浜田さんが言うやつと伝わらないんじゃないか? 
何を発表するのかは言わないのか? と不思議がられるのではないかと予感がしてきます。

そして岩見くんは、「生まれ変わったら裕福な家庭の猫になりたい!」 に変更するとのこと。

もっと考えたいですが、あっと言う間に川島さんの出番。

宣言通り、「僕は嫌だ!」 と叫びましたが、まさかの大ウケ。

どう考えても平手ちゃんのセリフと分からない層が笑っており、
「何がだよ!」 というヤジも飛んできて、それにも皆が笑うというラッキーフィーバー状態。 

そして2番手の岩見くん。

「近所の子供から、おばさんって呼ばれてまーす!」

直前で変えてきた! しかも超絶にウケてる。 これはヤバい。 不安しかない。

もう、「元旦から仕事始めー!」 とかで逃げたいですが、岩見くんから怒られそうなので、
「マッチでーす! 黒柳さーん!」 で行くしかありません。 行きたくないけど!

名前を呼ばれ、ビールケースで作られた舞台に上がり、思い切って叫びますが、

「マッツ、ツェでーす!」 

噛む。 最悪。 もう辞めたいけど、続けるしかありません。

「黒柳さーん!」

クソすべりました。 「あー」 って失笑が聞こえました。
ここ数年の中でも、ホームラン級の大スベリです。 大声で。

そして4番手、平井さん。

「バカヤロー!」

ふざけんな!!!!!  逃げやがった!!!!!!  バカ!

ニコ生のコメントなんて恐ろしくて見れるわけもなく、
今年最後にスベったわー… とかなりの痛手を負っていると、いつものお寺の方を発見。

37134.jpg


この方こそ、去年来た時に岩見くんに
「悪口まつりを書いてくれたブログに載ってる方ですよね!」 と、声をかけてくれた方。

4年前にあげたブログを見てくれて以来、我々のファンになってくれたありがたい方です。

「今年は来てくれないと思いましたよー。 きっと他のカウントダウン行くんだろうなって」 

と、すごく謙虚な方なんですが、色々とお話しているうちに、
ふと自分が来年、厄年だったことを思い出しました。 しかも本厄。

節分までにお祓いに行くのが良いらしいとのことなので、
正月明けにでも行こうとしていたのですが、軽い気持ちで聞いてみました。

「僕、本厄なんですけど、このお寺って厄払いとかやってるんですか?」

「大丈夫! 大丈夫! 福田さんには厄なんて来ませんよ!」

いやいや。 そういう答えが欲しいんじゃないんです。

「厄払いに行きたいと思っていて、ここのお寺はやってるんですか?」

「やってますよ。 毘沙門天ですから」

(毘沙門天って厄に強いの? そうなの? よく分からないけど) 

「今日、急に厄払いして下さいって言ったら出来るんですか?」

「出来ますよ。 御護摩焚き (おごまたき) を0時にやってます」

(おごま? それも分からん)

「じゃあ、今日やっていきます!」

「じゃあ、滝流しの式もやられたらどうですか?」

「そうですね!」


と、とんとん拍子に話が進んでしまいました。

「滝流しの式」 とは、悪口まつりに引き続き行われる儀式で、

元日の早朝に毘沙門天の前で正座をし、頭上から御神酒(おみき)を注ぎ、
鼻筋を通って盃に落ちた御神酒を 「滝のように尽きることのないご利益を」 と
願いながら飲む珍しい行事です。

とのこと。

06_201801050447147df.jpg
大岩山毘沙門天 最勝寺サイトより


「やりたいんですけど、運転しないといけないから、お酒は飲まないでも大丈夫ですか?」

「大丈夫! 大丈夫! 飲んでるフリすれば!」

ありがたみが無くなる位に軽い人ですが、チャレンジすることにいたしました。


23時になり、悪口祭りがスタート。

山の上にある本堂に向けて、悪口を叫びながら、ゾロゾロと山を登っていくやつです。




4年前の動画ですがこんな感じで、岩見君は今年も、

「熊が出たぞー!」

「暗くて怖いよー!」

「犬のうんこ踏んだよー!」

とか叫んでいました。


そして頂上に着いて、100円を払って除夜の鐘を叩かせてもらい、時間は23時50分。

いまいち良く分かっていない御護摩? と、厄払いの受付をしないといけません。

IMG_20180101_011302.jpg


ちょうどお寺の方がいたので、 「御護摩? をお願いしたいんですが」 と聞くと、
「こちらに、願いと名前と年齢、裏に住所を書いてください。」 と言われました。

IMG_20180101_010253.jpg


これが御護摩か! 太い割りばしくらいの大きさです。

「願いごとは、何でもいいんですか?」 と聞くと、
「何を書いてもいいですし、こちらからも選べますよ」 と、ハンコを見せてくれました。

開運祈願・無病息災・家内安全・安産祈願・交通安全・・・ すげえ種類のハンコがあります。

どれにしようかな・・・ と悩んでいると、「良縁祈願」 のハンコが!

「じゃあ、良縁祈願でお願いします」

完全に厄払いを忘れていました。 今思い出しても不思議です。


さらに、「滝流しの式」 もやりたい旨を伝えると、用紙をくれました。

この紙にも、住所や氏名、願い事を書く欄があったので、「良緑祈願」 と書きました。
煩悩だらけです。

しかも、手書きだったので 「縁」 と 「緑」 を間違えて、「良緑祈願」 と書いてしまいました。
最悪です。

IMG_20180101_000003.jpg


本堂に入ると30人程が座っていて、0時からお経が始まりました。

滝流しの式は1000円ですが、見学というか参加は無料で自由だそうです。 

IMG_20180101_004237.jpg


30分ほどお経を読んで、護摩木を炎にくべて御祈願し終わると、
滝流しの式が始まりました。

1人ずつ名前を呼ばれるので前に出て、こんな感じになります。 ゴクゴクお酒飲んでる。

IMG_20180101_005733.jpg


で、名前を呼ばれる際なんですが、住職さんに

「○山○子、開運祈願」

と、紙に書いた願い事も読まれるのです。

いや! そんなの聞いてないし! 「良縁祈願」 だけって恥ずかしいし!


続く2番目の女性は、「家内安全・世界平和」 でした。

ますます自分のが恥ずかしいし、そもそも厄払いをしたかったのを思い出し、
なんとか追加でお願いできないものかと考え始めました。

そして5番目に呼ばれました。 「福田哲平 良縁祈願」。 恥ずかしい。

このまま厄払いが出来ないのも悔しいので、後出しジャンケン感があって気が引けましたが、
前に出て座布団に座る際、住職さんに言いました。

「書き忘れちゃったんですけど、本厄なので厄払いもお願いしたいんですが・・・」

「あ、本厄?」

「はい」

「厄除けなんちゃら~」

と、追加で唱えてくださいました。 優しい。

さらに、「すいません・・・ 運転するので、お酒を飲めないんですが・・・」
と伝えると対応してくださり、おでこからお酒をかけてくれました。 優しい。


こうして今回の参加者7人の滝流しの式が終わり、解散となったところ、
すっかり仲良くなったこの方が、「宝剣加持 (ほうけんかじ)」 をしてあげると言ってくれました。

ぬき


「宝剣加持?」 と思っていると、奥のほうから短刀を持ってきて
お経を唱えながら肩とか叩かれ、最終的に背中を突かれました。

煩悩や魔障を断ち切る法具だそうです。
最高のオプションまでありがとうざいます。

IMG_20180101_011316.jpg


まさか元旦の0時から厄払いが出来るとは思ってなかったので、
完全に最&高な1年を過ごせそうです!

ちなみに家に帰ってから調べたところ、こちらのお寺は 「大岩毘沙門天」 と呼ばれ、
奈良の信貴山、京都の鞍馬山とともに日本三毘沙門天の一つだそうです。 

栃木の田舎の小さいお寺かと思っていたのに、ちゃんとした所でした!
なんかすいません! ありがとうございました!

大岩山毘沙門天 最勝寺

| 旅・観光・グルメ・一宿一通 | 23:48 |このエントリーを含むはてなブックマーク | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://whiteberry1228.blog36.fc2.com/tb.php/1025-49f74b38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT