絶対に、前向きな事しか書かないブログ

気持ちの悪いブログのタイトルにしてしまいました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- |このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホモっ気のある男2人でデズニーシーデート ~前編~

P1010622-2.jpg

※ ディズニーなのに、お下品な会話がけっこう出てきます。


ひょんなことから、パパロアの小川さんとデズニーシーに行くことになりました。

お互い、かなり前にデズニーシーには行ったことはありますが、
そこまでマニアでもありませんし、男2人で行ったこともありません。

なにで、今回、二人で行くにあたってのテーマを、

「彼女や女の子と一緒だと気を使うから、今日は気を使わないで遊ぶ!」 となりました。


8:00

車で家を出発。 10時の開園直後に到着しようとしています。 本気です。


8:30

P1010606.jpg


小川さんと合流。

会ってすぐに写真を撮りました。 ノリノリです。

しかし、小川さんが家から持ってきたものに、あ然としてしまいました。

それはこちら。

P1010608.jpg


小川さん愛用のカセットテープ。

まじかよ。

小川 「見てみて! このテープ、ハイポジだよ!」

福田 「知りませんよ」

しかも長渕のは、本人じゃなくてカラオケの先生が歌ってるの。

すげえいい声でした。

そんな長渕を聴きながら走っていましたが、ふと信号で止まった時、横をみるとこんなものが。

P1010610.jpg
P1010609.jpg


とても切ない気持ちになりました。


10:30

とうとうディズニーシーに到着!

P1010611.jpg
P1010614.jpg


しかし見事にガラガラ。

天気も微妙だ。 降りそうだ。

5800円をお払いして入場し、さっそく 「いかにも男同士で来ました!」 って写真を撮影。

P1010613.jpg


「さぁ! 遊ぶぞ! 楽しむぞ!!」

って気持ちで来たのに、いきなり重大な問題が発生しました。

それは、いざ入園してみると、見事にカップル、家族連れ、女の子グループばかりで、
男2人なんて全然いません。

いや、それは来る前から分かっていた事ですし、
それを踏まえて来たはずなのですが、
いざ現地にきてみると、3分くらいでとても悲しい気持ちになってしまいました。


小川 「楽しそうにしろよっ!」

福田 「すいません。 空気に飲まれてます」


その後は、ひたすらかわいい女の子を探したり、
女の子のパンチラを探したり、それはそれはとても最低な時間をすごしました。


小川 「うらやましいカップルも多いけど、うらやましくないカップルも多いな」


もう、デズニーシーに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし、さすがにこのままマズいと思い、ある場所に向かいました。

P1010616.jpg


そう、垂直落下エレベーターでおなじみの、タワーオブテラーです。

しかし僕はこれが大嫌いです。

怖いから乗りたくありません。

だから最後の最後まで乗らないつもりでいましたが、
今の沈んだ気持ちを打破するには、
これに乗るくらいしか特効薬がないだろうということで向かいました。

P1010617.jpg


くそう。

超すいてる。。

P1010618.jpg


しかも、中に入って並んでいると、おなかが痛くなりました。

正直、うんちをしに一旦退場したいくらいです。

するとそんな気持ちを察してくれたのか、キャストのお姉さんが言いました。

「システム調整のため、アトラクションの運行を中断します」

おおおーー! 神よ!!

さらにお詫びに、こんな券までくれました。

P1010619.jpg


なんだかいろんなアトラクションに、一回だけ優先的に乗れる券だそうです。


11:00

いきなりやる事がなくなってしまったので、
パンフレットでショーのスケジュールを確認してみると、
15分後にこの近くで 「オーバー・ザ・ウェイブ」 というショーがあることを知りました。

P1010628.jpg


その場所に行ってみると、なんだかスーパーの屋上みたいなステージです。

「あんまりディズニーっぽくないなぁ」 と思いながら開演を待っていましたが・・


P1010623.jpg

P1010627.jpg


なんと素敵なショーであったことか!!

ドタバタ感動喜劇なのですが、すげぇ超面白かったです。


福田 「やっぱり芸人さんがコントでやる演技とは違いますね」

小川 「オリエンタルランドをなめてた」

福田 「これだけで3000円払った価値がありますよ」


二人とも大感激です。

小川さんなんて、ミッキーが出てきたとき、超大声で、

「うおおっ! ミッキー!!」

って叫んでました。 

そして恥ずかしがってました


ショーのテンポは全体を通していいのですが、中でも、途中で出てくるこのドア達。

P1010625.jpg


まるで往年のドリフのように、
各ドアからいろんなキャラが、出たり入ったりの追いかけっこをするのですが、
すばらしいスピード感。


福田 「練習すごそうですね」

小川 「台本とかにはどう書いてあるんだろうか」


観劇後は、音響さんはどこから見ているのかを探しに行きました。

そして、主演のおねいさんが綺麗でした。

P1010624-2.jpg


12:15

P1010632.jpg


興奮さめやらぬ二人は、続いてもショーを見に行くことにしました。

「ビッグバンドビート」という、なんだかもう、ラスベガスのショーみたいな感じです。

生のジャズ演奏や、黒人さんの歌やタップダンスに、ラインダンス。

さらにはおなじみのキャラクターのショーまでも。

それはそれは一流のエンターテイメントです。

途中、白いタキシードを着たミッキーがカッコよく登場した時、小川さんがボソっと、


「沢田研二みたいだ」


って言っていました。

そしてショー終了後。


小川 「腰がぬけた。 オリエンタルランドすげえ」

福田 「さっきのとこれで、もう入場料分は取れましたね」

小川 「本当だよ。 楽屋にあいさつに行きたいくらいだ」

福田 「黒人さんとかギャラいくらなんすかね?」

小川 「オリエンタルランド、黒字なのかなぁ。」

福田 「こんなの別料金とってもいいくらいですよね」

小川 「並の経営者なら、このショーは別料金を取るよね」


来園1時間で、2人はディズニーマジックにかかってしまいました。

ここからは、もうさっきまでの卑屈な二人じゃありません。

「男二人で何が悪い!」 「超たのしいぜ!」 と、周りが全然気にならなくなりました。

もうこんな感じです。

P1010633.jpg


13:00

続いて、インディージョーンズに乗りに行こうと、
てくてく2人で歩いていると、なにやら人だかりができていました。

P1010640.jpg


なんだろう?と思って近づいてみると・・


P1010641.jpg


誰かが水でドナルドを!!!

すげえ! これぞディズニーマジック!!!

そしてちょっと小腹がすいたので、インディージョーンズの近くで、
ホットドッグみたいなやつを買いました。

P1010642.jpg

P1010643.jpg


これが、外はフランスパンっぽくて、中が塩味っぽいソーセージでして、
外のカリカリのパンがおいしかったー。

で、インディージョーンズを10分待ちくらいで乗って、
14:30からのショーをみるため、池の見える場所へ。

P1010648.jpg

P1010651-2.jpg

P1010660-1.jpg


壮大ですなぁ。

ただ残念なことに、裏側っぽい所から見ていたため、
ショーの最中に、水に落ちたカイトの後処理をしている人たちに目がいってしまい、
ちょっとディズニーっぽくない一面をみてしまいました。

P1010649.jpg

P1010650.jpg


まだ3時。

ごめんなさい。明日に続きます。

| 芸人・作家・官能小説 | 23:34 |このエントリーを含むはてなブックマーク | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/05/14 19:18 | |

写真がきれいになったなぁ。
ところで、
知っとると思うけれど
http://www.myspace.com/morningmusumeofficial
やってみる?

| c | 2009/05/14 23:12 | URL | ≫ EDIT

ははは・・・
私、DL苦手です。
家族で行くと、お世話係だからちっとも楽しくない。
1人でぼけ~っとするにはもったいないでしょ。

| ゆみ♪ | 2009/05/15 09:43 | URL |

モー娘!!

Cさんよくそんなん見つけましたねぇ!
全然知らなかったですよー!
あとでちゃんと見てみますね~!

ゆみ♪さーん。
でも、年間パスポートあったら、毎日あそこでぼけーってできますよ。
それも素敵ですよねぇ。

そして、確かにホットドッグの写真がエロいとのご指摘をうけました。

| ふくだー | 2009/05/15 11:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://whiteberry1228.blog36.fc2.com/tb.php/285-4b44c378

TRACKBACK

男が喜ぶ「甘え上手でかわいい女」になる方法6つ【前編】

あなたは男性に甘えられるタイプですか? 甘えられないタイプなら男性受けしない危険性が大きいですよ。男性は女性に甘えられたり、頼られたりすると嬉しく感じるものですから。今...

| 恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~ | 2012/08/16 21:03 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。