絶対に、前向きな事しか書かないブログ

気持ちの悪いブログのタイトルにしてしまいました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

有効期限の切れたお守りを処分しに行ったら、すごいものがあった。

お守り。

有名な神社に行った時や、お正月などについつい買ってしまうお守り。

しかし昔から、

「お守りの有効期限は1年で、期限が切れたら、頂いた神社やお寺に返さなきゃいけない」

なんて事をよく聞きます。

でも、京都で買ったお守りを、わざわざ京都まで返しに行くのもきついなぁ。。
と思ってしまい、ずっと行かずにおりました。

でも日本一周した時に、けっこうお守りが増えてしまいまして、
「さすがにどうにかしないと!」 と思い始めてきたのです。

P1010904.jpg

宮島の厳島神社、香川の金毘羅さん、千葉の成田山、
新宿の花園神社、東京の神田明神、そして四国のお遍路さんのお札。

もしも直接これらを、それぞれの現産地に返しに行ったら、
それこそまたしても大旅行になってしまいます。

ところが最近、どうやら頂いた神社やお寺に直接行かなくても、
他の所でも引き取ってくれるらしいということを聞いたので、行ってみることにしました。

今回、これらのお守りを返しに行く場所はコチラ!

IMG神社2

そう、日本一周の時、ゴールの前日、最後の最後に泊めてもらった思い出の神社さんです。

一宿神社2
(「一宿一通2 その79」 より)



P1010905.jpg


朝9時。

オープンと同時に行ってみると、お掃除をしている方に言われました。

「ここの鳥居は、”昇り龍” が彫ってある、とても珍しい鳥居なんですよ」


P1010906.jpg

ほんとだ!

よく見るとすげぇカッコいい!!

そしてさらに、おじさんがある事を教えてくれました。


「本殿のウラに、板垣退助のお墓があるから寄ってってごらん」


なんですと!? 板垣退助ですと!!?

「板垣死すとも、自由は死なず!」 とかいう有名な言葉を残された、
あの教科書でおなじみの有名人さんのお墓があるんですか!?

何も知らずに来た場所に、まさかそんな大それた物があるなんて・・

なんだか一気に一大イベントになってまいりました。

しかしまずはお守りです。

P1010908.jpg

階段を上ると本殿がございます。

しかしそもそも、お守りの返還ってどういう手順をするんだろう?

神主さんが目の前で燃やしてくれるんだろうか?

けっこう時間がかかるんだろうか?

そしてなにより、無料で出来るのだろうか?

何も知らずに来ちゃったし、お世話になった神主さんにも挨拶をせねばいけませんし、
まずは社務所に行ってみたところ、神主さんのお母さんがいらっしゃいました。

僕 「あ、あの・・ 半年ほど前に日本一周の時に泊めてもらった者なんですが・・」

母 「あ~! なんとか と なんとか って二人の?」

僕 「そうです! テッペイ とワタル です」

母 「それであなたはどちらでしたっけ?」

僕 「テッペイの方です。 メガネの方です」

母 「白くなられたわねぇ~」

みたいな、意外とあっさりした再会を終え、本題に入ります。

僕 「それで、期限が切れちゃったお守りを処分したいなと思いまして・・」

母 「いいですよ。 お賽銭箱のとなりに、”納札箱” ってのがありますから、
   そこに入れておいて下さい。 あとでこちらでお焚き上げしておきます」

あ、そんなもんでいいんですか。

かなりお手軽なんですね。

P1010913.jpg

そして言われた通り、

P1010912.jpg

本殿の隅のほうに、

P1010910.jpg

納札箱が、

P1010911.jpg

ありました。

すでにいくつか入っております。

そして注意書きには、

P1010909.jpg

環境問題もあり、ビニール袋などはNGだそうです。

あと、お寺関係など。

お人形もダメなんですね。

ふぅ。

と、お守りの返還は意外とあっさり終わってしまいました。

しかし続いて、板垣さんのお墓に行かねばなりません。

むしろそちらの方が重大な感じになっています。

だけど長くなっちゃったので、いったん区切りまーす。

明日の、
実は、「板垣死すとも自由は死せず!」って言った後に死んでなかった
に続きます。

うちらが泊まった能楽堂は健在でしたー!

P1010907.jpg


| 旅・観光・グルメ・一宿一通 | 14:13 |このエントリーを含むはてなブックマーク | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/04/17 02:45 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://whiteberry1228.blog36.fc2.com/tb.php/324-acdc8663

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT